すったてとは

ギフトに人気No.1!ご自宅用にも!
【送料無料】グルメ大賞受賞!豪華讃岐うどんセット

東京から一番近い「農村」埼玉県比企郡の川島町。最近、圏央道の「川島インター」ができ、都心から30分という近さになりました。
ここ川島町の郷土料理が「すったて」です。胡麻やみそをうどん汁ようにすったことから「すりたえ」⇒「すったて」になったようです。
すったても元々「冷や汁」とも呼ばれていましが、川島町商工会の「町おこし」の一環として、町内のうどん・蕎麦屋さんが統一して「すったて」に変更したようです。

季節到来!これから暑い時が「すったて」の時期

味噌や胡麻それにシソやきゅうりをすり鉢であわせてうどんの漬け汁を作ります。これがヒンヤリさっぱりで暑い日には最高のご馳走になります。
この漬け汁、うどん屋さんによって味が全部違います。秘伝のたれというのでしょうか、極上の味があちらの店でこちらの店でも違った味わいがあります。いまでは、「すったてツアー」なるものも登場し、町内のうどん屋さんのすったてを食べ歩いているグループも何組か拝見しています。

家庭用すったてレシピ

材料 4人目
ゴマ…………40g
味噌…………120g
青じそ………8枚
みょうが……2本
玉ねぎ………1個

作り方
@ゴマを煎り、すり鉢でする
A味噌、みじん切りの玉ねぎ、青じそをあわせ、更にする
Bきゅうりを適度に潰しながら(スライスでも可)混ぜる
C混ぜたものに冷水またはだし汁を適量入れ、氷を浮かべ冷やす
D出来上がったものにうどんを付けて、またはご飯にかけて
召し上がれ!

ご家庭によって材料も作り方も違うのがかわじま流!自分だけのオリジナルを考えて見ましょう。でも、まずお店でプロの味を先に味わっておきましょう。

スポンサードリンク

すったてマップ

川島町にきたら町役場によってください。そこで「すったてマップ」をもらえば川島中のすった手が食べられるお店が出ています。全店制覇してみてください。